スチームオーブンを買って色々と変わった話

少し前まで、私の家にはオーブントースターと500Wの電子レンジしかありませんでした。それでも簡単なお菓子などを作ったりしていたのですが、どうしてもムラが出来て綺麗に焼けません。ああ、オーブンが欲しいなぁ、欲しいなぁ、と思っていました。
そして先日、スチームオーブンを購入したのです。最新型ではありませんが、これが本当に素晴らしい。薄力粉からホワイトソースを作れるのです。強力粉からパンを作れるのです。ホットケーキミックスからクッキーを作れるのです。
技術の進歩がとんでもありません。人に話したら多分、「今更?」と言われるのでしょうが、私には衝撃だったわけです。
レンジ機能でホワイトソースを作り、具にかけてチーズをたっぷり、そしてオーブン機能でこんがりと焼く。一台でグラタンが作れるなんて。
私にとってグラタンとは、誕生日に食べるような料理だったのです。母が普段、面倒がって作ってくれなかったからなのですが。
そしてスチームオーブンを手に入れた今、私は積年の恨みを晴らすがごとく、手の込んだ料理を作って食べています。実に美味しいけれど、もっと簡単な料理を手早く作れるようにならないと、とも思うのです。主婦の道は厳しいですね。